体験授業申込はこちら

MENU

英才児養成専門 プラチナム学習会

子供を賢く育てる秘訣 その② 〜「わからない」ことに果敢に挑戦する子へ〜

2019/03/22


 
「わからない」は、恥ずかしいことではありません。賢くなるチャンスです。
 
「間違いが怖い」とか、「知ったかぶりをする」幼児期のお子さんは、保護者の目を気にし過ぎているのです。
 
だから、「できない」と思うと直ぐに諦めて避けようとしたり、保護者を喜ばせるために、手っ取り早く答えを丸暗記しようとうします。
 
可能性を広げるはずの勉強が、いつしか保護者のご機嫌取りになっているのです。
早々と自分の限界を決めてしまう子供達も少なくありません。
 
テストでは、「答えを早く出すこと」が大切で、偏差値や順位に一喜一憂する保護者を喜ばせようと子供達は必死です。
 
「わからない」=「悪」と刷り込まれてしまいがちです。
 
だからこそ、プラチナム学習会では、好奇心旺盛な幼児期に、わからないことにワクワクする気持ち、知らないことを知りたいと思う気持ちをしっかり育むことを大切にしたいと考えています。
 
この時期に、本物に触れ、実際の体験を積むことで、「わからない」ことを一杯発見し、子供達が「わからない」ことを自ら調べたり、試行錯誤しながら攻略していく喜びを子供達に味あわせてあげることが大切です。
 
その様な体験を積んだ子供達は、学ぶことの楽しさや問題が解けた時の喜びを知り、「わからない」ことに果敢にチャレンジする姿勢は変わっていきます。
 
幼児期のうちに、本物の体験をたくさん積んできた子は、初見の問題に出合った時にも、慌てたり、すぐに投げ出したりすることはありません。
 
たとえ難しい問題であっても、これまでに得た知識・経験を屈指して筋道を立てながら解き進めようという姿勢がみられます。
 
「どんな問題も、自分なら解けるはず」という自信や粘り強さは、幼児期からの積み重ねによって育まれることが多いのです。
 
 

英才児養育専門 プラチナム学習会

21世紀に生きる子どものための幼児教育教室。
大阪を拠点に東京や全国に展開しています。
このブログでは教育についてや教室の様子をお届けします。

ブログ更新のお知らせを受け取りたい方はフォローをどうぞ

Facebook
               

ぷら学通信

22世紀型『英才児養成』のススメ

「急速に変貌する世界で生き残るためのコンパス」として子育て中の保護者にオススメの一冊

  『ライフロングキンダーガーテン 創造的思考力を育む 4つの原則』 ミッチェル・レズニック著、日経…

22世紀型『英才児養成』のススメ

「自由七科」と「STEM教育」

    2020年、日本の教育現場では、100年に一度ぐらいと言われる大変革期を迎えていま…

22世紀型『英才児養成』のススメ

灘中入試、過去12年で最高の志願者数を記録!

灘中の2020年度の入試結果が公表されました。 詳細は下記を参照してください。   灘中学校入試資料…

22世紀型『英才児養成』のススメ

算数の定義とは?(2020年版)

最難関中学校の合格者の多くが、 「小3か小4までに小6までの算数を終わらせた!」 と合格体験談を語ります。 &…

22世紀型『英才児養成』のススメ

「我が子が医学部を目指す」とは、どういうことか?

  プラチナム学習会には、将来、様々な分野でリーダーを目指す子供達が通っています。 その中でも、医師…

22世紀型『英才児養成』のススメ

プラチナム学習会に通う子供達の未来②

実体験の中で養われる力 「理科や社会は暗記科目だから小4ぐらいから丸暗記すれば、大丈夫!」 と言う声もよく聞き…