体験授業申込はこちら

MENU

英才児養成専門 プラチナム学習会

塾長通信 Vol.1~小学校受験をさせるべき?という親御さんの悩み~

2019/07/06

変わる“小学校受験の意味”

最近、「小学校受験をさせるべきか?否か?」とか、

 

「小学校受験のベストな取り組み方」についてよく質問を受けます。

 

 こんな時、私は渋沢栄一さんの「論語と算盤」を参考にお答えします。

 

プラチナム学習会では、小学校受験を通過点と考えていますので、合格がゴールではなく、合格後のあと伸びを大切にしています。

 

渋沢栄一さんは明治・大正の激動期に活躍された偉人ですが、その著書の中で

 

「知恵があってこそ、初めて運命を切り拓ける」と学問の大切さと日々の努力について訴えておられます。

 

昔は少数の凄い子供を育てる「天才教育」が中心で、「100人から1人でも秀才を輩出できれば良いという教育」でしたが、

昭和・平成の時代は、多くの子供を同じくらいに育てる「常識教育」が中心で、「99人の平均的人物をつくることはできますが、人格ある人を育てるという精神が抜けているため、 平均的人材の過剰供給をもたらす教育」となってしまいました。

 

学問において「昔は心を磨くことが第一」とされていましたが、昨今は知識を詰め込むことを最重要視し、

精神の修養が後回しにされてしまうため、子供の人格形成において大きな危うさを伴っています。

 

そんな中、ここ数年、慶応大学の幼稚舎など名門私立小学校の受験において ペーパーテストを取りやめ、行動観察や面接を重視する人物本位の入試スタイルが拡がりを見せ始めました。

大阪の賢明学院小学校などでも本年度からペーパーテストを取りやめるそうです。

 

 この様な背景には、幼児期から丸暗記学習や詰め込み学習、反復学習などで年長さんの秋頃に完璧に仕上げたお子さんを選抜したところで、

これからの時代に通用しないことが分かってきたからです。

 

 令和という新しい時代を迎え、これから求められる人材は、処理能力の高い均一的な人材ではなく、何かに秀でたスペシャルな能力を持ちながら高い人間性を併せ持った人材です。

 

 渋沢栄一は、「武士道の神髄」を

・廉勅(真っ直ぐなこと)

・義侠(弱者を助けること)

・敢為(筋を通すこと)

・礼譲(礼を尽くすこと)

などの人間の美徳をすべて合わせたものだと言っています。

 

アメリカのメジャーリーグで活躍する二刀流で有名な大谷選手や、2020年の東京オリンピック出場を目指す子供達をみていると、

一流選手になるには、共通して、弛まぬ努力と心の鍛錬が重要です。

  (VOl.2に続く)

英才児養育専門 プラチナム学習会

21世紀に生きる子どものための幼児教育教室。
大阪を拠点に東京や全国に展開しています。
このブログでは教育についてや教室の様子をお届けします。

ブログ更新のお知らせを受け取りたい方はフォローをどうぞ

Facebook
               

ぷら学通信

22世紀型『英才児養成』のススメ

プラチナム学習会に通う子供達の未来②

実体験の中で養われる力 「理科や社会は暗記科目だから小4ぐらいから丸暗記すれば、大丈夫!」 と言う声もよく聞き…

22世紀型『英才児養成』のススメ

プラチナム学習会に通う子供達の未来①

プラチナム学習会はお受験塾でも単なる能力開発塾でもありません。 算数を切り口に次代を生き抜く地頭力を養成してい…

有名校訪問・視察

洛南高等学校附属小学校にて、プログラミングの出張授業をさせていただきました

洛南高等学校附属小学校HPより   11/5に、洛南高等学校附属小学校にて、プログラミングの出張授業…

22世紀型『英才児養成』のススメ

新宿教室の塾長先生にお話を訊いてきました ③

  (新宿塾長へじっくりお話を聴いたロングインタビュー、②の続きです)   受験対策塾でな…

22世紀型『英才児養成』のススメ

ロボレーブ大阪大会で優勝しました!

2019年9/16(月・祝) 追手門学院 大手前中・高等学校で実施された ロボレーブ大阪大会 a-MAZE-i…

22世紀型『英才児養成』のススメ

顧問 津田克彦先生の講演会を開催します!『小学校受験合格後も、あと伸びする子の育て方』講演会 および(新設)小学校受験対策集団コース説明会 開催のご案内

※下記講演会を予定しておりましたが、都合により内容を変更し講演会ではなく、小学校受験のための個別相談会となりま…