体験授業申込はこちら

MENU

英才児養成専門 プラチナム学習会

塾長通信 Vol.2~小学校受験をさせるべき?というご質問への率直な気持ち~

2019/07/06

今の小学校受験で名門校が求める“資質”

昨今の小学校受験において最も求められる資質は、 
「素直で誠実に努力をして自ら運命を切り拓くことができるお子さん」
です。 
 
小学校受験に、もし、失敗しても努力を続けるならば、いつかどこかのタイミングで好運が訪れるものです。結果の是非や善悪について論じる必要は無く、常に誠実に努力するならば、必ず運命を切り拓くことができるでしょう。 
 
その時々の結果など、長い人生においては泡の様なものです。 
 
その儚い泡に憧れ、目に見える成功ばかりを論じていては、これからの未知なることが加速度的に起こる時代を生き抜くことはできません。 
 
「知恵があって初めて運命を切り拓ける」 
 
成功や失敗とは長い人生において眼前で弾ける泡であり、誠実に努力を継続することが運命を切り開く。と渋沢栄一は述べています。 
 
これからの激動期にこそ、一時的な知識の詰め込み学習や受験テクニックの丸暗記に終始するのではなく、「幼児期は心を磨くこと」を大切にし、小学校受験に親子で立ち向かって下さい。 
 
・廉勅(真っ直ぐなこと) 
・義侠(弱者を助けること) 
・敢為(筋を通すこと) 
・礼譲(礼を尽くすこと) 
 
などの人間の美徳を子供に身につけさせるには、口やかましく言うよりも、先ずは、親御さん自らが上記の4つを実践して下さい。 
 
子供は親の背中をみて育つものです。 
ぜひ、一旦、ドリルは横に置いて、子供に真っ直ぐ向き合って下さい。 
 

学習は、その後いくらでも伸びます

子供に問題行動がみられるときは、厳しいようですが、まず親御さんが行動を改め修身に努めて下さい。 
 
小学校受験を最短距離で成功させるには、幼稚園・保育園選びが重要です。 
こどもの躾を大切にしている園を選んで下さい。 
 
算数や国語、英語などの教科学習は、躾が整って子供が真っ直ぐ人の話を聞ける状態になってからで十分間に合います。 
 
幼少期に無理やり短期間で詰め込んだ知識は、すぐに忘れてしまいます。例えば、3,4歳で世界の国旗をすべて覚えていたお子さんでも、小2頃に聞いてみるとほとんど忘れています。 
人間はすぐに必要としない知識はどんどん忘れるものなのです。 
 
しかし、「覚えた」という努力は、無駄にはなりません。幼少期に苦労して覚えた経験は、きっと何らかの形でプラスになるはずです。 
 
生活に余裕のあるご家庭であれば、私立小学校の受験をおすすめ致します。 
合否に関係なく、親子の絆が深まり、成長のきっかけとなります。 
 
こんな経験は2度とできませんので、通過点として、ぜひチャレンジしてみて下さい。 
 

英才児養育専門 プラチナム学習会

21世紀に生きる子どものための幼児教育教室。
大阪を拠点に東京や全国に展開しています。
このブログでは教育についてや教室の様子をお届けします。

ブログ更新のお知らせを受け取りたい方はフォローをどうぞ

Facebook
               

ぷら学通信

22世紀型『英才児養成』のススメ

オンラインレッスンのススメ

  能力は、遺伝よりも、環境や各自の努力など、後天的につくられる。   プラチナム学習会で…

22世紀型『英才児養成』のススメ

「急速に変貌する世界で生き残るためのコンパス」として子育て中の保護者にオススメの一冊

  『ライフロングキンダーガーテン 創造的思考力を育む 4つの原則』 ミッチェル・レズニック著、日経…

22世紀型『英才児養成』のススメ

「自由七科」と「STEM教育」

    2020年、日本の教育現場では、100年に一度ぐらいと言われる大変革期を迎えていま…

22世紀型『英才児養成』のススメ

灘中入試、過去12年で最高の志願者数を記録!

灘中の2020年度の入試結果が公表されました。 詳細は下記を参照してください。   灘中学校入試資料…

22世紀型『英才児養成』のススメ

算数の定義とは?(2020年版)

最難関中学校の合格者の多くが、 「小3か小4までに小6までの算数を終わらせた!」 と合格体験談を語ります。 &…

22世紀型『英才児養成』のススメ

「我が子が医学部を目指す」とは、どういうことか?

  プラチナム学習会には、将来、様々な分野でリーダーを目指す子供達が通っています。 その中でも、医師…