体験授業申込はこちら

MENU

英才児養成専門 プラチナム学習会

計算ミスのお話し

2019/01/09

親の悩みで一番多いのが、子供の計算ミス。

例えば学校の算数テストで、

得点が70点だった場合、

ほとんどの親が、できた70点を褒めるより、

単なる計算ミスで失った30点を嘆きます。

でも、逆に計算ミスで失った30点の原因を発見し、

そこを修正すれば、大きな力となります。

また、文章問題などの計算ミスも、

仮に小1の時にできなかった問題であっても、

小3になれば普通にできたりします。

これは、ただ単に、そのタイミングで、

子供の精神年齢が追いついていなかっただけとか、

子供が実際に経験したことがない事象の問題であった

だけの場合がほとんどです。

算数のテストは、ある種「幼さ」との戦いでもあるのです。

経験したことがないことを文章で問われても意味がわかりません。

できるだけ幼児期から様々な実体験を積ませて下さい。

お正月のブログで例題にあげた

4桁×4桁のかけ算の問題ですが、

これも、筆算でがむしゃらに解くと、

計算ミスを招く恐れがありますが、

面積図で量的に考え、

赤い斜線部分が共通であると気付けば、

4桁×4桁の面倒くさい計算問題が

単なる4桁の簡単なひき算問題になります。

2345×6789-2344×6790

2344×6789を両方から引けば、

いとも簡単に

6789-2344=4445 となります。

「かけ算」で計算ミスをするお子さんは、

「たし算引き算」に問題があります。

「たし算ひき算」で計算ミスをするお子さんは、

「数の数量認識」に問題があります。

「数の数量認識」が不安定なお子さんは、

「数」を量的に捉えることができていません。

この辺の基礎的な「数量感」を疎かにすると、

後々、算数嫌いになる原因となります。

ぜひ、基礎の段階を大切にして下さい。

計算ミスや間違えた問題がシグナルです。

子供が先さき単元を進むと親は嬉しいものですが、

テストで計算ミスを発見した時は、

逆にラッキーだと思い、責めずに

その原因を解明し、攻略してください。

確固たる基礎力が将来への伸びしろとなります。

 

The following two tabs change content below.

プラチナム学習会本部スタッフ

21世紀に生きる子どものための幼児教育教室。 大阪を拠点に東京や全国に展開しています。

英才児養育専門 プラチナム学習会

21世紀に生きる子どものための幼児教育教室。
大阪を拠点に東京や全国に展開しています。
このブログでは教育についてや教室の様子をお届けします。

ブログ更新のお知らせを受け取りたい方はフォローをどうぞ

Facebook

月別アーカイブ:

       

ぷら学ブログ