体験授業申込はこちら

MENU

英才児養成専門 プラチナム学習会

ロボレーブ大阪大会で優勝しました!

2019/09/16

2019年9/16(月・祝)

追手門学院 大手前中・高等学校で実施された

ロボレーブ大阪大会 a-MAZE-ing Challnege

(アメイジング チャレンジ)部門において

プラチナム学習会の子供達が、見事、優勝致しました。

大阪の天満橋駅から大阪城に向かって歩くと直ぐに見えてくるのが、

追手門学院さん。隣に追手門学院小学校があります。

ロボレーヴ名物

「1・2・3、Wow !」で熱戦がスタート。

中学生、高校生に交じって奮闘する小学生の子供達。

子供達の眼差しも真剣そのもの。

今回はオムニホイールでチャレンジ。

4個のモーターをそれぞれプログラミングして

前後左右の移動を縦横無尽に制御するというもの。

プラチナム学習会の子供達(小4&小5)が

見事、優勝し、表彰状とトロフィーを受け取るところ。

嬉しそうです。

昨日までの努力が一気に花開く瞬間です。

トロフィーは透明でオシャレな感じ。

大阪城を背景に記念撮影。

次は国際大会にチャレンジ!

 

※RoboRAVEとは

RoboRAVEとはRobots Are Very Educationalの頭文字をとったもので、小学校3年生から高校生までを対象にコンピューターを使ったプログラミング学習やロボット制御の体験を通じて科学とモノづくりへの関心を高め、柔軟な想像力・論理的思考力を育むことを目的とした、アメリカ発信の教育プログラムです。

2001年に始まったRoboRAVEも現在では20ヶ国以上にまで広がり、各国から参加者が集う国際大会が各地で開催され、本拠地のニューメキシコ州アルバカーキでは、毎年5月に3000人以上が参加する世界大会が行われています。日本でも石川県加賀市で毎年11月に国際大会が開催されており、2020年には加賀市で世界大会の開催も予定されています。

また米国では現代より科学が大きく発展した20年後の世界を見据え、その時に必ず不足するとされる科学者の育成に力を入れており、RoboRAVEはその科学者育成教育プログラム(STEMプロジェクト: enhance Science, Technology, Engineering and Math)のひとつとして米国国務省にも認められ、世界の科学教育の発展の一翼を担っています。

 

英才児養育専門 プラチナム学習会

21世紀に生きる子どものための幼児教育教室。
大阪を拠点に東京や全国に展開しています。
このブログでは教育についてや教室の様子をお届けします。

ブログ更新のお知らせを受け取りたい方はフォローをどうぞ

Facebook
               

ぷら学通信

22世紀型『英才児養成』のススメ

「急速に変貌する世界で生き残るためのコンパス」として子育て中の保護者にオススメの一冊

  『ライフロングキンダーガーテン 創造的思考力を育む 4つの原則』 ミッチェル・レズニック著、日経…

22世紀型『英才児養成』のススメ

「自由七科」と「STEM教育」

    2020年、日本の教育現場では、100年に一度ぐらいと言われる大変革期を迎えていま…

22世紀型『英才児養成』のススメ

灘中入試、過去12年で最高の志願者数を記録!

灘中の2020年度の入試結果が公表されました。 詳細は下記を参照してください。   灘中学校入試資料…

22世紀型『英才児養成』のススメ

算数の定義とは?(2020年版)

最難関中学校の合格者の多くが、 「小3か小4までに小6までの算数を終わらせた!」 と合格体験談を語ります。 &…

22世紀型『英才児養成』のススメ

「我が子が医学部を目指す」とは、どういうことか?

  プラチナム学習会には、将来、様々な分野でリーダーを目指す子供達が通っています。 その中でも、医師…

22世紀型『英才児養成』のススメ

プラチナム学習会に通う子供達の未来②

実体験の中で養われる力 「理科や社会は暗記科目だから小4ぐらいから丸暗記すれば、大丈夫!」 と言う声もよく聞き…