体験授業申込はこちら

MENU

英才児養成専門 プラチナム学習会

プラチナム学習会のベテラン先生に訊いてみました④

2019/05/31

 

プラチナム学習会の核となっているベテラン先生たちは、先生でもあり、また自身が子供を一流小学校・中学校に合格させた経験をもつ親でもあります。 
 
塾の先生という立場だからこそ出来るという先生たちの役割とは。 
 

“大逆転の成長”があるのも子供の世界

 
インタビュアー:
できる子、たとえば「すごくできちゃいます」「与えられたものもすぐ覚えてできます」という子には、そこに合わせて「もっとできるんだったら次もこれをやろう」みたいな感じで進めていかれるんですか。 
 
ふたたびA先生:
はい。カリキュラムは決まっていますけど、お母さんたちにも説明するんですけど、何年生でこれをやる、というくくりはしていません。 
くくりの排除は、先生たちにも共通の認識としてもっていますが、年中さんとかでも3ケタ、4ケタ計算やっているような速い子もいるんですよね。 
 
かと思うと、5、10ですごい壁で、10が分からないとか言いながら、それを何回もいろいろな方法でやりながらやっている子もいるのはいるんですよ。 
ただ、1年後に逆転している場合とかがあったりして。 
 
インタビュアー:
子供の世界だとそういうこともあるんですね。 
 
A先生:
そう。どう成長するのか、子供はいい意味で分からないんですよね。 
うまくふぁーっといきながらどこかの壁が全然乗り越えられなくて・・、 
その1つの単元、2カ月、3カ月も、4カ月もかかっても、でも何かひっかかってて、
あの手この手でやったり、他の問題も挟みながらやって、先生たちみんなが工夫して、何とかできるようにしたりもするんです。 
 
そこは人によって速度が違うから、先生たちにも「みんな子供たちを見て、何年だからどこに行かなきゃいけないという意識はしないでおきましょう」という話をよくしています。
 
 

ベテラン先生達は、自身の子供を一流難関校に通わせた経験者

 
 
塾長: 
A先生も、B先生も今まで担当してきた生徒さんが、やっぱりすごく能力を伸ばしているんですよ。 
幼稚園年長さんで分数、少数が終わってたり。 
先生本人たちも子育てしてみんな成功している人たちなので、なので、一言一言がお母さんたちからしたら説得力があるんですよね。 
 
お母さん方は初めての取り組み(子育て)で、見よう見まねでどうしていいか、不安な気持ちはあるけど、親でもある先生達は実際に経験したことなので、安心感を与えて…。 
 
インタビュアー: 
そうでしょうね。実績がある人だからというのは。 
 
A先生:
そうなんですよ。だからB先生もお子さんが慶應大学に行っていて、他の先生も息子さんと娘さんを、神戸女学院やラ・サールとかに行かせていて。 
一通り、小学校受験とか中学受験も経験してきて。 
 
B先生:
お母さんたちが必死なのも分かるんですよ。 
 
インタビュアー: 
その気持ちが分かるというのが一番ですね。 
 
B先生:
そうなの。でも、子供にはやっぱり(勉強を親御さんに)やらされている感しかないけど(笑)、子供にはそれだけママが好きだからよと。 
いつもママ、大好きだからやでと。 
 
塾長: 
子供らも、お母さんが言ったら反発するけど、先生がやりなさい、こうしなさいと言ったら聞く子がいたり、信頼関係なんです。 
 
インタビュアー: 
それが一番でしょうね。 
 
B先生:
そうです。それこそ空気を読むのは嫌いだけど(笑)、その子のペースを見極めるというんですか。先にそこを見て、つかんでからという感じですかね。 
 
塾長: 
だから僕らは一貫性を持ってずっとやっているので、そこも評価されている部分だと思うんですよね。 
ある能力開発塾では、入会したときは個別だったのに、いつのまにか集団に変わって・・・、やっぱり違うと思って、もっとやっぱり大切に見てほしいと思って戻って来るのかなと。そういう部分が実感としてあります。
 
(⑤に続きます)

英才児養育専門 プラチナム学習会

21世紀に生きる子どものための幼児教育教室。
大阪を拠点に東京や全国に展開しています。
このブログでは教育についてや教室の様子をお届けします。

ブログ更新のお知らせを受け取りたい方はフォローをどうぞ

Facebook
               

ぷら学通信

22世紀型『英才児養成』のススメ

「急速に変貌する世界で生き残るためのコンパス」として子育て中の保護者にオススメの一冊

  『ライフロングキンダーガーテン 創造的思考力を育む 4つの原則』 ミッチェル・レズニック著、日経…

22世紀型『英才児養成』のススメ

「自由七科」と「STEM教育」

    2020年、日本の教育現場では、100年に一度ぐらいと言われる大変革期を迎えていま…

22世紀型『英才児養成』のススメ

灘中入試、過去12年で最高の志願者数を記録!

灘中の2020年度の入試結果が公表されました。 詳細は下記を参照してください。   灘中学校入試資料…

22世紀型『英才児養成』のススメ

算数の定義とは?(2020年版)

最難関中学校の合格者の多くが、 「小3か小4までに小6までの算数を終わらせた!」 と合格体験談を語ります。 &…

22世紀型『英才児養成』のススメ

「我が子が医学部を目指す」とは、どういうことか?

  プラチナム学習会には、将来、様々な分野でリーダーを目指す子供達が通っています。 その中でも、医師…

22世紀型『英才児養成』のススメ

プラチナム学習会に通う子供達の未来②

実体験の中で養われる力 「理科や社会は暗記科目だから小4ぐらいから丸暗記すれば、大丈夫!」 と言う声もよく聞き…