体験授業申込はこちら

MENU

英才児養成専門 プラチナム学習会

塾長&講師より

Message

塾長から

プラチナム学習会では、後天的に地頭力を鍛えるには、「幼児期から算数を切り口に取り組むことだ」と考えています。

通常、小学校高学年になってから算数を得意科目にするには大変な労力を必要としますが、3歳ぐらいから楽しみながら取り組んでいくと自然と算数が好きになり、小学校に上がる頃には、得意科目になっています。

「中学受験は算数で決まる」とよく言われますが、これは、子供の地頭力を測る上で、算数力をみるのが最適だからです。

プラチナム学習会オリジナルの「地頭力算数」教材には様々な算数パズルが盛り込まれています。ここで「パズル」と「クイズ」の違いについて考えて見ると、「クイズ」は単純に知識の暗記量に左右されますが、「パズル」はいくら知識があっても解けません。考える力とGRIT(やりきる力)が重要です。

これからの時代は、人間にしかできない能力「地頭力」が求められています。ぜひ、プラチナム学習会で「地頭力」を磨いて下さい。
プラチナム学習会での「学びの機会」は、親が子供に贈ることができる一生のプレゼントです。

ベテラン講師たちの声

植木先生

こんにちは。プログラミングは、与えられたミッションに向けて試行錯誤したり、自由な発想によって創造をしたりということを、限られたロジックの組み合わせで達成していくものです。プログラミングの考え方ができるようになると、算数の力が柔軟になり、他の教科への波及効果も期待できます。楽しんで学べるため、身につくのも速い!一緒に楽しくプログラミングを Tinkering(いじくりまわ)しましょう!

栗山先生

たくさんある幼児教室の中から、プラチナム学習会を選んでいただき、ご縁を頂いていることを、日々感謝して授業しております。完全個別ですから、生徒さん一人一人と向き合い、今の状態をしっかりと見て、「無理・無駄」のない授業をさせていただきたいと思っております。生徒さんの成長にとって、この時期の授業時間は、大切な時間です。
授業を共に楽しみながら、目の動き、手の動かし方、言葉などをしっかりとみて、時間を無駄に過ごすことのないようにしていきたいです。まだ今やらなくていいこと、考えていくことでわかるものではないことばかりをしていると、自信が無くなり、やる気もなくなり、勉強嫌いになることがあります。『楽しい・わかる・できる』を大切にしていきたいです。
お母様、お父様もお子様のことを考えて悩まれることもおありになるかもしれません。そんなときは、そばで寄り添って一緒に考える仲間でありたいです。お子様をサポートする仲間でありたいと思っています。

津老先生

毎週プラチナムに来ることが待ち遠しくなるようなレッスンを心がけて、一人一人の顔をみたレッスンを大切にしています。お子様には無限の可能性があります。ただし、その可能性は楽しみ、興味を持って取り組んでいかないと開花するものではありません。楽しんで取り組む事で、考える事を面倒くさがらず、自ら学ぶ力を育んでいけると信じています。一度、体験にいらしてみて下さい!