体験授業申込はこちら

MENU

英才児養成専門 プラチナム学習会

プラチナム学習会に通う子供達の未来②

2019/12/04

実体験の中で養われる力

「理科や社会は暗記科目だから小4ぐらいから丸暗記すれば、大丈夫!」

と言う声もよく聞きますが、
プラチナム学習会では、幼少期から家庭でのドリル学習よりも、
家族での旅行や季節の行事、海や山での自然体験を大切にする様にお伝えしています。

なので、積極的に実体験を積んできた子供達は、小4から受験塾でも本格化する
「受験理科」や「受験社会」にも実体験に基づくイメージ力をもっているので、難なく対応できます。


特に算数で身に着けた「自信」は、最強で、
小4ぐらいだと、丸暗記学習している子供達に最初は知識量で負けていても、
小5ぐらいになると一気に超えて行きます。

 

算数で鍛えた地頭力が、ここで物を言うのです。

 

能力を身に付けるのは子ども自身

もちろん、中学受験が終わってからも、幼少期に地頭力を鍛えた子供達は、
中学受験を「単なる通過点」と考えていますので、中学校入学後も目的意識を持って成長を続けます。

 

幼少期から過度に親が過保護に接した子供達は、ハウス栽培の高級果物と同じで、
台風や地震で、ビニールハウスが損傷したりすると、たちどころに痛んでしまいます。
ずっと、一生、親が子供の世話をし続けることができるのなら別ですが、
いずれ自立して、子供の力で世の中を切り拓いていかないといけません。
やはり、その為には、幼少期から自分で考え行動できるように子供達の自立心を養うのが、親の務めです。


空海さんや孔明さんほどの歴史的偉人でさえも、自分の子供の教育には、
あえて、他人に任せて、甘やかさない様に徹底したそうです。

虎みたいに「あえて、我が子を谷底につき落として這い上がってきた子供だけを育てる」ほどストイックになる必要はありませんが、
簡単な問題の時から丸暗記ではなく、前後関係を踏まえて、子供が自分で考えて行動できるように、親は仕向けて下さい。

 

「なぜ、うちの子はできないんだろう?」
と言う保護者の方が大勢いますが、
それは、子供ができないのではなく、親がその様に育てて無いだけの話です。

 

我が子に問題行動がみられるときは、子供を疑うのではなく、
親が先ず自分たちの行動を見直して下さい。子供は、親の姿を見て育つのです。

 

プラチナム学習会では、この様に、特殊な教育は行っていません。
水が高い所から低い所に自然と流れるように、幼少期の一番大切な時に、
子供達に適切なタイミングと正しい方法で働きかけを行っているだけなのです。
能力を掴み取っているのは、子供自身なのです。

 

小1から行うプログラミング学習

世の中には、様々な幼児教育の手法があると思いますが、
プラチナム学習会では、「算数を切り口にした地頭力の養成」に特に特化した取り組みをしています。
音楽やスポーツ、アートなど、どんな習い事と掛け持ちしても、その相乗効果は絶大です。

 

昨今、小学校での2020年からのプログラミング必修化が話題となっていますが、
プラチナム学習会では、オプションで小1からのプログラミングレッスンを提供しています。

 

これも、算数と同じ方針で、上限を決めずに、子供のできるに任せて積極的に取り組んでいます。
小学校低学年の子供たちでも、様々なプログラミング大会に参加して、結果を残しています。


ハードやソフトの進化に伴い、積み上げた能力よりも斬新な発想力が求められる時代が到来しているのです。
これからの時代は目先の偏差値向上にヤキモキするよりも、子供達の10年後20年後を想定した教育が求められています。

 

親が幼少期に体験した過去の成功体験だけでは、通用しない時代がやってきます。
ぜひ、親子で協力して、輝く未来を切り拓いて下さい。

 

プラチナム学習会は、そんなご家庭に寄り添って、
微力ながらお手伝いできれば、幸いです。

英才児養育専門 プラチナム学習会

21世紀に生きる子どものための幼児教育教室。
大阪を拠点に東京や全国に展開しています。
このブログでは教育についてや教室の様子をお届けします。

ブログ更新のお知らせを受け取りたい方はフォローをどうぞ

Facebook
               

ぷら学通信

22世紀型『英才児養成』のススメ

「急速に変貌する世界で生き残るためのコンパス」として子育て中の保護者にオススメの一冊

  『ライフロングキンダーガーテン 創造的思考力を育む 4つの原則』 ミッチェル・レズニック著、日経…

22世紀型『英才児養成』のススメ

「自由七科」と「STEM教育」

    2020年、日本の教育現場では、100年に一度ぐらいと言われる大変革期を迎えていま…

22世紀型『英才児養成』のススメ

灘中入試、過去12年で最高の志願者数を記録!

灘中の2020年度の入試結果が公表されました。 詳細は下記を参照してください。   灘中学校入試資料…

22世紀型『英才児養成』のススメ

算数の定義とは?(2020年版)

最難関中学校の合格者の多くが、 「小3か小4までに小6までの算数を終わらせた!」 と合格体験談を語ります。 &…

22世紀型『英才児養成』のススメ

「我が子が医学部を目指す」とは、どういうことか?

  プラチナム学習会には、将来、様々な分野でリーダーを目指す子供達が通っています。 その中でも、医師…

22世紀型『英才児養成』のススメ

プラチナム学習会に通う子供達の未来②

実体験の中で養われる力 「理科や社会は暗記科目だから小4ぐらいから丸暗記すれば、大丈夫!」 と言う声もよく聞き…